富士U12 しらゆりカップ 準優勝!

【大会名】 しらゆりカップ 第48回静岡県東部少年サッカー選手権大会

【期 日】 2019年 9月7日(土)、14日(土)、16日(祝月)

【会 場】 東部地区全域

 

【アスルクラロ富士U12】

7日:『予選』

vs マーレFC 2-0 〇 <得点者>太田・塩月

vs 裾野西 5-1 〇 <得点者>太田2・塩月2・小林

vs ALA裾野 2-0 〇 <得点者>太田・小山慧

 

 

14日:『決勝トーナメント』

1回戦

vs 吉原第一 2-1 〇 <得点者>長橋・小山慧

準々決勝

vs 三島VFC 3-0 〇 <得点者>赤池・塩月・長橋

 

16日:『決勝トーナメント』

準決勝

vs アスルクラロ御殿場 2-2 PK3-2 〇 <得点者>長橋2

決勝

vs セパラーダ 0-1 ●

 

準優勝!

 

【アスルクラロ富士Jr】

『予選』

vs SFCジュニア 0-5 ●

vs マーレFCW 3-0 〇 <得点者>石原・深沢・小山慶

予選敗退。

 

東部地域の全チーム(88チーム)が出場する、しらゆりカップに2チーム参加しました。

全日少予選もある中で行われるハードな日程の中、選手はタフによく戦い切りました。

 

大会結果は違えど、いつも同じ時間を過ごし、同じトレーニングを積み重ね、ともに切磋琢磨し合っている仲間がいるからこその成長です。

大会結果だけでは見えない個々の成長がも確かに見えた大会でもありました。

 

決勝での敗退はとても悔しい結果となりましたが、それぞれに感じた悔しさがあったと思います。

局面での攻防や球際のシーン、競り合いの場面などの自分のプレーでの悔しさ、中には出場時間に悔しさを感じた選手もいるはずです。

試合に出場している選手や大きな舞台に立てる選手たちは、共に成長し合える仲間がいることを忘れてはいけません。

試合に負けた悔しさ以上に悔しさを感じている選手がいるということ。ピッチに立っている選手は仲間の想いも背負って戦う責任があるということ。

 

いつも支えてくれている人たちへの感謝や共に戦う仲間たちへの想いもしっかりと感じることが出来たとき、最高の喜びが待っているのかもしれません。

 

保護者の皆様、いつも温かい応援や選手へのサポートありがとうございます。

今後ともよろしくお願い致します。

 

集合集合

 

 

 

アスルクラロ富士スタッフ

 

 

 

 

【経過】 富士U12 全日本少年サッカー大会富士予選 後期リーグ

【期日】9月8日(日)、15日(日)

【会場】富士川緑地ABコート

 

【結果】

アスルクラロ富士U12

☆上位リーグ☆

対 セパラーダ 4-2 〇≪得点者≫秋山、大澤、小山、小林

対 吉原第一 0-1 ●

対 田子浦 5-1 〇≪得点者≫長橋2、塩月、大澤、小山

 

アスルクラロ富士Jr

☆下位リーグ☆

対 TSC 1-3 ●≪得点者≫石原

対 アゼス 6-1 〇≪得点者≫阿部2、深沢2、石原2

対 アンセム 0-2 ●

 

全日少 後期結果

 

 

22名全員が一丸となって県大会出場に向けて全力で戦っています!

 

次回の全日本少年サッカー大会は9月21日(土)に行われます。

 

引き続き、熱い応援と温かいサポートをよろしくお願い致します。

 

アスルクラロ富士スタッフ

 

 

富士U12 三島サマーカップ

【大会名】第35回 三島サマーカップ

【期日】8月24日(土)~25日(日)

【会場】愛鷹スポーツ広場、三島二日町

【結果】

1日目 予選リーグ

対 Mare FC 0-2 ●

対 OZ湘南FC 0-3 ●

対 錦田FC 4-0 ○ ≪得点者≫深沢3、鈴木

5位リーグへ。

 

2日目 5位リーグ

対 神戸FC 0-1 ●

対 山田FC 0-1 ●

対 静岡クラブジュニア 2-0 ○ ≪得点者≫深沢、阿部

総合29位

 

昨年に引き続き、三島サマーカップに参加しました。

 

日々のトレーニングで積み上げている相手を観ながらプレーを判断し、正確な技術が発揮出来る事、ボールを奪う為に出来る事。

チーム、個人で今どれくらい出来ているのか?もっと上手くいくためには?

9月から行われる多くの公式戦に向けて、今大会のプレーを振り返り、次回のトレーニングからまた全力で頑張ろう!

 

今大会では、保護者の皆様の温かい声援・サポートはもちろん、今大会に出場していない選手たちも応援に駆け付けてくれました。

たくさんの声援をしていただきありがとうございました。

引き続き、温かい声援・サポートをよろしくお願い致します。

 

①

アスルクラロ富士 スタッフ

 

富士U11 毎日牧場杯

【大会名】 毎日牧場杯

【期日】 2019年 8月17日(土)、18日(日)

【会場】 セレステ、スルガヒル

【結果】

予選リーグ

対 エクセルシオールA 3-6 ● ≪得点者≫鈴木・志田・佐野

対 ラランジャA 1-1 △ ≪得点者≫堀野

対 東住吉B 1-1 △ ≪得点者≫岡

対 AZ SC 1-2 ● ≪得点者≫鈴木

対 Quarita 0-5 ●

予選5位 下位リーグへ。

 

下位リーグ

対 東住吉B 3-0 〇 ≪得点者≫佐野・志田・岡

対 カテット白沢 2-0 〇 ≪得点者≫堀野・鈴木

対 エクセルシオールB 0-1 ●

対 長泉アミーゴス 1-0 〇 ≪得点者≫岡

対 藤枝明誠B 1-1 △ ≪得点者≫岡

下位リーグ優勝 総合19位。

 

大会結果は下記からご確認ください。

毎日牧場杯 結果

 

 

毎日牧場杯に参加しました。

この夏休み期間で、合宿や多くの試合を経験してそれぞれが成長することが出来た夏休みになったと思います。

しずぎんカップ県大会出場に向けて、更に成長していけるように平日のトレーニングから全力で頑張りましょう!

 

保護者の皆様、2日間共に温かい応援とサポートをしていただきありがとうございました。

引き続き、よろしくお願い致します。

 

 

 

①

 

アスルクラロ富士 スタッフ

 

 

 

 

 

富士U12 大淵公園 清掃活動

【期日】 2019年 8月18日(日)

 

毎年行われております、大淵公園の清掃活動に参加してきました。

日頃、使わせていただいている大淵公園産廃グラウンドの草取り、ごみ拾い、砂入れ等、感謝の気持ちを込めてみんなで綺麗にしてきました。

 

保護者の皆様にもたくさんご協力していただき、暑い中本当にありがとうございました。

 

当たり前にあるグラウンドでも、当たり前と思わず、お父さんお母さん、地域の皆様、たくさんの方々のご理解とご協力があること。

大好きなサッカーが出来る環境に感謝出来る選手になりましょう!

 

清掃1 清掃2 清掃3

 

 

アスルクラロ富士スタッフ

富士U12 第34回 富士山カップサッカー大会

【大会名】 第34回 富士山カップ少年少女サッカー大会

【期 日】 2019年 8月10日(土)~ 12日(祝月)

【会 場】 10日:北山小 11日:山宮ふじざくら球技場 12日:外神スポーツ広場

 

 

10日:『予選リーグ』

vs 上尾大石 1-1 △ <得点者>秋山

vs 三島VFC 1-0 〇 <得点者>太田

 

 

11日:『1位トーナメント』

1回戦

vs 酒匂 1-3 ● <得点者>長橋

フレンドリーマッチ

vs 大富士 1-1 △ <得点者>赤池

 

12日:フレンドシップカップ

vs 藤崎 1-1 △ <得点者>塩月

vs 滋賀YMCA 0-0 △

 

 

富士宮にて開催された、第34回富士山カップサッカー大会に参加してきました。

サッカーは仲間同士が少し上手く噛み合わなかったり、先制点をどちらが取るのか、など。ちょっとしたところからのズレから流れが大きく変わることもあるスポーツです。そこがサッカーの面白さでもあり、逆に怖さでもあります。

今大会では相手に流れが傾いてしまう展開が多く、なかなか勝ち切れない試合が続いた大会となりました。

選手はサッカーの面白さと同時になかなか上手くいかない歯痒さも経験出来た良い大会になったと思います。

 

試合中における、落ち着きや焦りは選手のプレーにとって大きく左右するメンタルの部分です。

試合を優位に進めるための精度や質にこだわりながら、また日々のトレーニングから積み重ねていきます。

 

保護者の皆様、3日間暑い中たくさんの応援とサポートをありがとうございました。

引き続き、今後ともよろしくお願い致します。

 

集合

 

アスルクラロ富士スタッフ

 

 

富士U12 ハーブカップ 河口湖合宿

【大会名】 2019ハーブカップU-12大会

【期 日】 2019年 8月6日(火)~ 8日(木)

【会 場】 河口湖サブサッカー場、くぬぎ平クレーグラウンド

 

【アスルクラロ富士U12】

『一次予選リーグ』

vs アクア岡崎 6-0 〇 <得点者>長橋2・小林・太田・赤池・小山

vs ゴラッソ高崎 5-0 〇 <得点者>太田2・関・大澤・三浦

vs FCリリー 2-1 〇 <得点者>太田・長橋

 

『二次予選リーグ』

vs FESTA 5-0 〇 <得点者>太田2・三浦・小山・小林

 

vs ロプタ富士B 11-0 〇 <得点者>関・三浦・小山2・長橋3・赤池2・小林・塩月

vs アスルクラロ沼津Jr 5-0 〇 <得点者>塩月・長橋2・関・小山

 

『順位トーナメント』

vs 尾張ヴェルメーニ 3-1 〇 <得点者>太田2・長橋

決勝

vs 杉並シーダーズ 0-2 ●

 

30チーム中、準優勝

 

【アスルクラロ富士Jr】

『一次予選リーグ』

vs LAGOグリーン 0-3 ●

vs 豊田AFC 0-10 ●

vs バリオーレ日の出R 5-0 〇 <得点者>深沢2・石原2・鈴木

 

『二次予選リーグ』

vs FCBM 0-0 △

vs アクアJFC 0-6 ●

vs クレセール鹿嶋 0-5 ●

 

『順位トーナメント』

 

vs アクア尾東 1-4 ● <得点者>深沢

vs LAGOイエロー 1-3 ● <得点者>横井

30チーム中、24位

 

 

河口湖にて開催された、ハーブカップU12大会に参加してきました。

厳しい暑さの夏を乗り越え、秋には一回りも二回りも逞しく成長した姿を見せれるよう、選手は一日一日を過ごしています。

チーム全員で掲げている目標に向けて、チーム全員が参加した夏の合宿はとても貴重で、有意義な時間を過ごすことが出来ました。

 

 

 

県大会出場の目標に向けて、チームが一つになること!

みんな本当にとても仲が良く、合宿中も笑顔や笑い声が絶えずチームの雰囲気はとても良いです。

ですが、ONとOFFの切り替えはどうでしょうか?

試合に懸ける想いや試合に対する準備など、本当にチームは一つにまとまっているでしょうか?

一戦一戦勝負にこだわり、ONになって準備している選手もいれば、試合前にも関わらずどこかまだOFFの状態でいる選手もいます。

自然と湧き出てくる感情である勝負へのこだわりは、誰かに言われて…ではなく、選手自らで気付くことが大切ではないでしょうか。

勝って嬉しい、負けて悔しい、当たり前に感じる感情ですが、懸ける想いが大きければ大きいほど、喜びや悔しさは人一倍だと思います。

 

本気になって取り組むからこそ本当の喜びと悔しさを味わえると思っています。

 

口先だけで嬉しさや悔しさを語るのではなく、本当の意味での喜びや悔しさも知り、チームみんなで最高の喜びを経験しましょう!

 

 

気付けばこのメンバーと出来るサッカーも、残り半年とちょっと。限りある時間の中で仲間と過ごせる喜びと、目標を達成する喜びもチーム全員と味わえるよう、これからもチーム一丸となって日々の積み重ねを大切にしていきます。

保護者の皆様、いつも温かい応援とサポートをありがとうございます。

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

①②③④⑤⑥⑦⑧

 

アスルクラロ富士スタッフ

 

富士U11 ハーブカップ 河口湖合宿

【大会名】 2019ハーブカップU-11大会

【期 日】 2019年 8月3日(土)~ 5日(月)

【会 場】 河口湖メインサッカー場、サブサッカー場、くぬぎ平クレーグラウンド

 

『一次予選リーグ』

vs フォルトゥナびって 11-0 〇 <得点者>志田・三枝2・鑓田2・三澤2・佐野2・田﨑・岡

vs BOA・SC 1-1 △ <得点者>堀野

vs tonanSC 2-1 〇 <得点者>三枝2

 

『二次予選リーグ』

vs 秦野RED 1-4 ● <得点者>堀野

vs 鹿嶋TC 3-2 〇 <得点者>三枝3

vs フォルトゥナだんけ 4-3 〇 <得点者>髙岸・佐野・堀野・鑓田

 

『順位トーナメント』

vs Uスポーツ 3-4 ● <得点者>三枝3

vs エアフォルク 1-2 ● <得点者>堀野

 

30チーム中、8位

 

河口湖にて開催された、ハーブカップU11大会に参加してきました。

 

サッカーとはどんなスポーツか?

点を獲る。ゴールを守る。仲間と協力する。勝敗がある。ルールがある。など、サッカーというスポーツには様々な要素が含まれており、中でも『点を獲る』、『ボールを奪う』はサッカーの醍醐味であり、一番の目的でもあります。

自分のプレーは目的に沿って判断しているか?

自分のプレーがどうだったか振り返り、頭の中も整理しながらこれからトレーニングを積み重ねていきましょう!

 

ピッチ外では昨年に比べ、自分たちで考えながら行動する場面も増え成長が見られました。

これからも失敗にビビらず、たくさんチャレンジ出来る逞しい選手へ成長していきましょう!

 

保護者の皆様、いつも温かい応援とサポートをありがとうございます。

しずぎんカップ県大会出場に向けて、チーム一丸となって成長を続けます。

引き続き、今後ともよろしくお願い致します。

 

①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫

 

アスルクラロ富士スタッフ

 

富士U10 ハーブカップ 河口湖合宿

【大会名】 2019ハーブカップU-10大会

【期 日】 2019年 7月30日(火)~ 8月1日(木)

【会 場】 河口湖サブサッカー場、くぬぎ平クレーグラウンド

 

『一次予選リーグ』

vs UスポーツBlue 0-12 ●

vs トッカーノ1 0-9 ●

vs INFINITO 0-4 ●

 

『4位リーグ』

vs tonanSC 3-2 〇 <得点者>OG・山田2

vs カワハラFC 0-0 △

vs フォルトゥナびって 0-7 ●

vs カムイジュニアB 3-1 〇 <得点者>横井2・渡邉

 

 

河口湖にて開催された、ハーブカップU10大会に参加してきました。

 

『自ら考え、行動できる選手』

これはサッカーを通して学んでもらいたいことの1つです。

ピッチ内において、自分のプレー(ドリブルやパス、プレスやマークなどの判断)は自分で考え、プレー(行動)を決めます。

自分のプレーを決めるための情報を絶えず収集し続け、仲間の声にも耳を傾けながら最後は自分で決断し仲間と協力しながらプレーに移しているはずです。

これは日常生活の中から、いつも自ら考え行動することをしなくてはピッチの上でも表現出来ません。

正解ばかりを求める行動ではなく、自ら考え、たくさんチャレンジし、たくさんの失敗と成功を繰り返しながら学び、逞しい選手へ成長していきましょう!

 

 

保護者の皆様、いつも温かい応援とサポートをありがとうございます。

まだまだ、これからの成長が楽しみな学年です。

引き続き、よろしくお願い致します。

 

 

①②③④⑤⑥⑦⑧⑨⑩⑪⑫

 

アスルクラロ富士スタッフ

富士U12 豊田陽平杯争奪 こまつJrサッカーフェスティバル2019

【大会名】 豊田陽平杯争奪 こまつJrサッカーフェスティバル2019

【期 日】 2019年 7月27日(土)、28日(日)

【会 場】 スカイパークこまつ翼

 

『予選リーグ』

vs 社南美山FC(福井県) 11-0 〇 <得点者>太田・関3・塩月・赤池3・長橋2・小山

vs 小松南部(石川県) 7-0 〇 <得点者>長橋・赤池・太田・関・塩月・小山・三浦

vs 第一翼(石川県) 5-0 〇 <得点者>太田・長橋・小山3

 

『決勝トーナメント』

1回戦

vs 小松北(石川県) 1-1 PK2-0 〇 <得点者>関

準決勝

vs 大虫FC(福井県) 0-1 ●

 

32チーム中、3位

 

 

石川県小松市にて開催された、こまつJrサッカーフェスティバルに参加してきました。

県外とはいえ、なかなか交流出来ない地域での大会に参加でき、とても貴重な経験が出来ました。

 

大会ではあと一歩のとこで敗れ、優勝を逃してしまいました。

あと一歩…。

これまで何度もあと一歩で…というところでの悔しさを経験してきました。

その一歩はとても大きい差なのか?本当にあと僅かなのか?

乗り越える為の努力や乗り越えた先の喜びを6年生みんなと経験したいです。

自分の中にある、ちょっとした甘えや弱さに負けない強さを身につけましょう!

 

閉会式ではJ1サガン鳥栖所属の豊田陽平選手が駆け付けてくれ、優秀選手賞では長橋聖悟くんが選ばれ、サイン入りボールを貰いました。

 

保護者の皆様、いつも暖かい応援・サポートをありがとうございます。

普段なかなか交流のない地域でのサッカーで、子供たちなりに刺激があった良い合宿となりました。

大会関係者の皆様、このような素晴らしい大会にお招きいただき、本当にありがとうございました。

 

①⑦③④⑤⑥

 

アスルクラロ富士スタッフ

 

© 2013 azul-claro-sports-club All Rights Reserved.

azulclaro